https://kazubara.net

MAGPUL PTS masada

MAGPUL PTS masada ACR CQB TANカラー 分解編 おそらく最終ロットに近いモノ

今回はMAGPUL PTS masada ACR CQBを分解していきます。

もし良かったらレビュー編も見てください。

MAGPUL PTS masada ACR CQB TANカラー レビュー おそらく最終ロットに近いモノ

早速、分解していきます。まずは外装を取ります。

外装の分解

ハンドガードを外すのは、レビュー編でバッテリー周りで紹介した通りなので説明を省きます。

まずホップを0にします。

これをやらないとバレルを外すときにホップの押しゴムがパッキンを押したままになってヤバイことになります。

次にボルトリリスレバーでポートを戻してからバレルを抜きます。クイックシステムで簡単です。ハンドルを起こして反時計回りに回せば前方に抜けます。

サビがひどいのですが鉄製の証ということで満足することにします。

取り外したバレルは一旦、そのままにしておきます。ちなみにガスオペレーションロッドがついてて無駄に凝っています。レギュレーターも可動します。

次に本体に戻ってレシーバー後端のピン2本を抜きます。これは抜け止めがないので完全に抜けます。

ちなみにピンを抜くのを昔は、六角レンチでやってましたが(なんとか使える)曲がるし使いにくいのでもし組みばらしを検討しているならポンチがあった方が楽です。

私はシグネット(バイク、クルマ関係で多いと思う)のポンチを使ってますので紹介しておきます。安い割に品質が良くプロユースでも愛用者がいます。

またピンを抜くときは台座があったほうが良いです。

私は、抜けてくるピンが太ももに刺さりました。またカーペットに穴が開きました。

私は、イーグル模型さんのハンドガン用メンテナンス台を使っています。ハンドガン用でも長モノでも普通に使えます。


ピンが抜ければアッパーレシーバーが開きます。前方のピンも抜いてアッパーレシーバーを外します。

次にストックを外します。ロアレシーバーにハマっているだけなので上方に軽く叩けば取れます。

次にここでグリップの底の蓋を外しておきます。なぜかサイズ違いの六角2本で止まっています。

これで基本的な外装は終わりです。10分もかからないと思います。スバラシー。

バレル、チャンバー周り

外したバレルとアッパーレシーバーからインナーバレルとチャンバーを外します。

まずはチャンバーですがアッパーレシーバーの六角2本×2(反対側にもある)と割ピン2本をポンチで抜きます。

そうするとチャンバーアッシーが取れます。六角ボルトを取るとパッキンが入っているチャンバーが取れます。

幸い私の個体は、ここでガタとかありませんでした。噂では結構なガタがあって気密が取れないとか。

 

チャンバーが取り出せます。

次はインナーバレルを取り出します。外したアウターバレルの根元に芋ネジで固定されています。バネに押されてインナーバレルが飛び出して来るので芋ネジを無くさないように注意します。

インナーバレル一式です。インナーバレル先端にはテーパー加工が施されていました。

 

これでバレル周りは終わりです。

次はメカボックスを取り出します。

メカボックス摘出&分解

ロアレシーバーのマグハウス内の2本のプラスのボルトを外します。

セレクターをセミにしてメカボを上にズボっと抜きます。下はアンビセレクタの歯車です。

メカボックスを見てみましょう。アンビセレクタのギヤがついています。

モーター、スイッチ配線は全てガッツリとハンダでついています。

ではモーターホルダーを外してメカボックスを見ていきましょう。おそらく8mmベアリングで締め付けボルトの本数も多くて良い感じです。組むのはめんどくさいんですけど締め付け剛性が高いのは良いことです。

ついでにいつでも良いのでQDでスプリングも外しておきましょう。

 

ではメカボックスのご開帳。当時の製品としてはグリスの塗り方が控えめで好感が持てます。

ただ、なぜかエンジンオイルのようなオイルでビシャビシャでした。まあベアリングの潤滑には良いですけどね。

次はメカボックス内の各部品を見ていきましょう。

メカボックス内の部品

さて各部品を見ていきましょう。

メカボックスのガワ

加工は比較的に綺麗ですね。ベアリングも8mmだし背骨を締めているネジの本数が多いのも良いポイントです。ただメカボの割れ対策はありませんでした。まあ少しの加工で使えます。

スイッチ、モーター

スイッチはメーカー不明のマイクロスイッチです。交換ですね。モーターは、ショートタイプで無印の謎モーターなので交換です。また配線は細く0.75sqだと思います。ピニオンはまあまあ歯面が広いのでセティングによって音は減らせそうです。

それに伴ってトリガー周りが見慣れないカタチになっています。

吸排気周り

まずは、シリンダヘッドです。ダブルシールで気密が取れそうです。底はゴム板が付いています。結構、良い部品な気がします。ノズルが長い。

 

次はノズルです。ダブルシールのシーリングノズルです。ヘッドと特にきついこともないので使えます。

次が、シリンダです。フルサイズのステンレス製ですね。このバレル長(318mm)ではエア容量が合わないので交換です。

  

次がピストン周りです。ピストンヘッドが外れませんでした。ヘッドは2穴タイプの後方吸気です。ピストンはポリカ製で最後の一歯だけ金属でギヤかかり始めは2歯目がありませんでした。ポリカの時点で交換です。一応、スプリングねじれ対応のスラストベアリングが入っていました。

最後にタペットプレート。羽の形が根元にRがついていて私好みです。他の精度も良いと思います。ちなみにVer.2がほぼそのまま使えます。

駆動系

まずはセクターギヤから。タペットのセクターが変な形をしています。また圧入なのが面白いです。品質は並みですかね。最後の歯だけ分厚くできています。

次はスパーギヤです。カラーが入っています。あんまり良さそうなカラーではないですね。スプリングシムよりはかなりマシですが。品質はこれも並みです。

最後にベベルギヤです。逆転防止ラッチが4個しかないのでかなり厳しいです。このサイクルなら良いのですがこれ以上、上げていくとオーバーランの可能性があります。品質はまあ並みです。

その他

逆転防止ラッチです。まだ私にはカタチで部品の良し悪しがよくわかりません。ひどいのは見たらわかるのかな?

スプリングガイドです。やたら軽いです。ひょっとしたらアルミ製かもしれません。ちゃんとスプリングのねじれ防止スラストベアリングがついています。

最後にカットオフです。変わったカタチです。代替品がなさそうですがまあ壊れないでしょう。

これで全部です。

まとめと今後の方向性

まとめると使われていた部品は当時(2015年くらい)では最高峰のものが使われている感じでした。

私の個体ではパッキンとスプリング交換だけで普通に使えます。問題のホップがかからないってこともありませんでしたし。

あと、組みばらし、組み付け性が最高にやりやすいです。今まででNo.1です。慣れれば15分くらいでメカボ全バラも可能かもしれません。

ただし欠点もありまして今のレベルで見るとレスポンスとサイクルが厳しいですね。この辺を改善します。

また最近、たまたま安売りでロネックスのA3モーターミディアムが半額で調達できたので、それをベースにセットアップしていきます。

結局、また秒25くらいのハイサイクルになりそうです。(本当は秒22、23くらいで良いのですが)

場合によってはバッテリースペースが広いのでなにか興味が惹かれる多機能MOSFETがあれば投入するかもしれません。

いずれにせよ次回はカスタム編になります。どうなるかはお楽しみに。

MAGPUL PTS masada ACR CQB カスタム(ハイレスポンス、プチハイサイクル)

またmasadaを持っている方やこれから購入を検討される方は中古しかありませんのでここで部品を見て比較し検討対象の生産ロットの判別に使ってください。

私のmasadaがロットナンバーが10000台かつ手に入れた時期が最後の方なのでたぶん最終ロットに近いと思います。


宣伝で申し訳ありませんが、私はエアソフト本体やパーツ関連の多くをアマゾンで購入しています。

意外と本体、パーツ共にラインナップが充実していてそこそこの値段で購入できるので重宝しています(小物だと買いに行くのがめんどくさい)。

そこでおすすめなのがアマゾン プライム会員です。

多くの商品が配送料無料、お急ぎ便無料になります。さらに会員になると映画、アニメ、音楽、書籍なども多くの作品がフリーで見れます。

月間プランだと月500円からで年間プランだと年で4900円でかなりのお得です。

しかも会員は対象商品購入(エアソフト関連も大抵、対象になっている)でポイントが還元され、私の場合は年会費4900円以上獲得できてます。

まずは無料体験からお勧めします。

アマゾン プライム無料体験はこちら!!

  • この記事を書いた人

kazubara

輸送機器メーカーでの元エンジン設計者。15年の職務経験から機械設計知識を伝道します。また職歴を活かしてエアソフトガンをエンジニアリング視点で考えてみる。

-MAGPUL PTS masada
-,

© 2021 Kazubara Blog カズバラ ブログ Powered by AFFINGER5