https://kazubara.net

東京マルイ HK416D DEVGRU

東京マルイ 次世代電動ガン HK416D DEVGRU デグブル カスタム レビュー&プチカスタム

いつ買ったのだろうか・・・たぶん発売したてだった気がする。

ということで既に所有している電動ガン 東京マルイ HK416D  DEVGRU カスタム(長いので以下HK416とします)のレビューと既にカスタムしてしまった物をレビューします。

実銃はM4のストーナー式DI(ダイレクト インピンジメント)をHK社(ヘッケラー&コック社)がショートストロークピストン式にってこういうのはWikiとかに載ってるんで以下略にします。

外観チェック

まずは全体を両サイドから見ていきます。

外観

全体のサイドビューです。

HK416D 右

逆側

HK416D 左

10.5インチで基本的に短いのですが付属のサイレンサーを付けると結構、長いです。

しかもぶつけると曲がりそうでちょっと怖い。

サイレンサー付きで長さがストックを一番、短くしても800mm(80cm)あります。

ストックは6段回伸ばせますが、1段目か2段目くらいまでしか使いません。(身長175cmです)

レーシーバーのアップ

右側です。アンビセレクターであることとASGKの刻印が入っています。

HK416D レシーバー 左

逆側です。意外と刻印類がしっかりと入っていてリアルです。

HK416D レシーバー右

レシーバー左側にしっかりとHKと刻印がありますが、残念ながらレシーバー右側には刻印がありませんでした。

まあ、私は刻印に拘りがないのであまり気になりません。

ちなみにストックパイプ根本にスイングベルトアダプターが付いてます。(超便利)

サイトビュー

HK416D サイト

ドットサイト点灯

HK416D ドットサイト
サイトを覗いたところですが既に旧型のマルイのドットサイトが乗っています。

覗いた感じは(旧型が好み)M4系の普通の感じです。

M4に比べガスオペレーションロッド分だけトップレールが高くなっているのでフェイスマスクをつけても結構、覗きやすいです。

グリップ

タンゴタイプ?握りやすい良いグリップです。

HK416D グリップ右

グリップは決して細くはないものの形状からか握りやすいです。(私はいわゆるA2タイプが苦手です)

ちなみにグリップは前後幅が一番、細いところが41mm太いところが53mm、幅が平均で30mmでした。(ノギスで計測)

体重測定

HK416D 重量
本体以外にレプリカのPEQー15、旧型の東京マルイのドットサイト、付属のフォアグリップサイレンサー付きで3.6kg(マガジン、バッテリー抜き)でした。

カタログだと3.7kg(バッテリー、空マガジン含む)とありますが、何故か私のは軽いです。

ラッキー!とは言え重いので、ワンポイントスリング使いの私には肩に食い込みます。

Kazubara
重いッス

プチカスタム

昔に少しだけカスタムをしたので紹介します。

テイクダウン

HK416D テイクダウン
黄色丸部のピンを抜いてアッパーレシーバーを引けばするりと外れます。

赤丸部にフレームとメカボのガタ取りスペーサーが入っているのでいわゆるR1ロアーフレームってヤツです。

確か一度バラしてシム調整くらいはやりました。

バレル、チャンバー廻り

ホップの突起の出具合です。

インナーバレルは純正の内径6.08mmの長さ275.5mmからlaylaxのBCブライトバレルで内径6.05mmで長さが285mmに変えています。

LAYLAX BCブライトバレル 内径6.05mm 長さ285mm
コスパ最強のバレルだと思います。また真鍮?(銅系材料)でできているので加工が楽で助かります。

内径6.05mmが一番、集弾性が良いとどっかで見ました。どこかだか忘れた。

長さに関してはハイダーギリギリまで伸ばして285mmが入ります。

エア容量とバレルの関係は前に計算してシリンダの容量が大きかったのでインナーバレルを伸ばしました。(計算式は後で解説します)

ホップチャンバーはガタ止めリング、チャンバー回り止めスペーサー、気密取り真鍮パイプ圧入がされている東京マルイ純正の最新のチャンバーに変更しています。

純正ですが精度といい、気密性といいのでかなり性能が良いと思います。(よく考えられている)

東京マルイ 次世代用純正バレル&ホップチャンバー
最強のホップチャンバーです。

チャンバーパッキンは、宮川ゴムさんの長掛けスリム ニトリルゴム硬度50の押ゴム付きを入れています。

使う弾が0.2〜0.25gなのでスリムの硬度50にしています。

長掛けのおかげでホップをかけて行ってもそれほど弾速が落ちないのが良いです。

宮川ゴム 長掛けスリム ニトリルゴム 硬度50
ハイサイや重量弾の場合は長掛けミドル 硬度60もお勧め

バッテリーのコネクタ変更

謂わゆるSOPMODタイプが嫌いなのでタミヤミニコネクタ仕様に変更しました。

写真のような2又リポが入ります。

配線は純正のsopmodタイプはレスポンス、汎用性がイマイチだったのでOP No1さんのリポコネクタ変換に変えています。

写真のようなバッテリー(ET1の二股1400mAh、k-hobbyの二股1600mAh)なら楽に入ります。

リポのおかげでセミロックがかなり減りました。今はLayLaxさんでヒューズ付きが販売されているのでそっちのが良いです。

LAYLAX 次世代SOPMODストック変換コネクター ヒューズ付き
今ならこっちのが良いと思います。

こんな感じ

バッテリーとのコネクターは右側にまとめます。

リポバッテリーのバランスコネクタを左側にまとめます。

真ん中に配線がなるべく重ならないようにしてバッドプレートを取り付けます。


ヒューズは付いていないのですが、タミヤミニコネクタの容量が10Aなので何か異常があるとコネクタが焼き切れるのでそれをヒューズ代わりにしています(お勧め流する手法ではありません)。

あまり真似しない方がいいと思いますが、結構、大丈夫です。(LayLaxさんのはヒューズがついてます。)

前に計算したところモーターがEG−1000だと要求電流が4〜6Aくらいだったので、まあタミヤミニコネクタでいいやと判断してます。

あとはスイッチ焼け対策にSBDを入れています。

実射性能

実射条件は弾は東京マルイ0.2gバイオBB弾、バッテリーがET1の1400mAhのレッドラインでトータル電圧7.6v、計測器が定番のXCORTECH X3200 MK3です。


初速97.9m/sのサイクルが758rpmで秒間12.6発毎秒です。ちょっと初速が高すぎますね。

次世代の箱だしが初速90〜92m/sくらいなので結構、上がってますね。

サイクルは、もうちょっと上げたい。

まとめ

まとめると<ちょっと重いくらい以外で欠点がまるでない、いいエアガンです。

ちょっと手を入れるだけで初速も限界まで行きますし“サイクルもまあちょっと遅いかなあ“くらいなのでまずまずです。

今後はもしかしたら電子トリガー関連を入れるかもしれません。

今後のカスタム予定が決まりました。ハンドガード交換、プチハイサイクル、リコイルオミット、電子トリガーをいずれ投入します。

東京マルイ 次世代HK416D DEVGRU
 ギミック、弾道は業界最高の性能です。サプ、グリップに加えストックパイプ根元のスイベルが付属しているのでお得です。

東京マルイ 次世代HK416シリーズ用 スプリング式82連マガジン
 純正マガジンです。通常で82発、切り替えスイッチでリアルカウント30発に変更できます。

東京マルイ 次世代HK416用ゼンマイ式520連マガジン
純正多弾マガジンです。520発も入るので文体支援火器のような運用ができちゃいます。

最後に個人的なお勧めですが、私はエアソフト本体やパーツ関連の多くをアマゾンのプレアイム会員で購入しています。

意外と本体、パーツ共にラインナップが充実していて、最安値では無いものの、そこそこの低価格で安定的に購入できるので重宝しています(小物だと買いに行くのがめんどくさい)。

そこでおすすめなのがアマゾン プライム会員です。

多くの商品が配送料無料、お急ぎ便無料になり、速ければ次の日に到着します。さらに会員になると映画、アニメ、音楽、書籍なども多くの作品がフリーで見れます。

月間プランだと月500円からで年間プランだと年で4900円でかなりのお得です。

しかも会員は対象商品購入(エアソフト関連も大抵、対象になっている)でポイントが還元され、私の場合は年会費4900円以上獲得できてます。

まずは無料体験からお勧めします。

アマゾン プライム無料体験はこちら!!

  • この記事を書いた人

kazubara

輸送機器メーカーでの元エンジン設計者。15年の職務経験から機械設計知識を伝道します。また職歴を活かしてエアソフトガンをエンジニアリング視点で考えてみる。

-東京マルイ HK416D DEVGRU
-,

© 2021 Kazubara Blog カズバラ ブログ Powered by AFFINGER5