https://kazubara.net

UMAREX/VFC G45(グロック45)

UMAREX/VFC G45(グロック45)GEN.5 レビュー  カスタム依頼品

今回からレビュー、カスタムを進めていく機種はUMAREX/VFC  G45(グロック45 GENERATION  5)になります。

グロックのGENERATION5のガスブロをモデルアップはUMAREX/VFCさんだけなんですよね。他メーカー、国産メーカーからもGEN.5シリーズを出して欲しいのですが、やはり権利関係で難しいのでしょうか?

また価格、質とも評判がどんどん良くなっているメーカーなだけにレビューが楽しみになります。

ちなみに今回のレビュー品はお客様からのカスタム依頼品になります。

お客様のご厚意でブログへの掲載許可を得られました。この場でも改めて感謝の意を述べさせていただきます。

では箱出し状態のノーマルのG45をレビューしていきます。

外観

まずはいつも通り外観のサイドビューから見ていきましょう。

逆側。

少しだけ長くなるのですが、本物はグロック19のスライドサイズとグロック17のグリップサイズのクロスオーバー品であるグロック19X(次期米陸軍正式拳銃トライアル提出品)の民間バージョンがG45になります。

惜しくもトライアルはSIG社のP320が採用されましたが、グロックの性能の良さ、使い勝手の良さは折り紙付きで民間で人気があるようです。

グロック19XとG45の差は後半で説明します。

本物と同様にガスブロもコンパクトなサイズながらグリップがグロック17サイズで丁度良く、装弾数も多い、ガス室も大きいのでかなり使い勝手が良いです。

また刻印もグロック社から正式ライセンスを受けているので完璧です。

更にエキストラクターも別部品化しているほどの外観へのこだわり様です。

次にトリガー、グリップ周辺を見ていきます。

トリガー、グリップ周り

グリップ

逆側

グリップはグロック17サイズなので、非常に握りやすいです。

また操作系も大型化されたマグキャッチ、アンビ化されたスライドリリースレバーがかなり便利です。

ちなみにマグキャッチは左右入れ替え可能です(多少の分解の必要がある)。

他はいつも通りのザ・グロックな感じです。

グリップを後ろから見てみます。

個人的にG45の1番の良いところは、このグリップがグロック17サイズなことだと思います。

いくら日本人が外国の方に比較してが小さいとはいえ、グロック19サイズだと窮屈に感じます。

ではグロック17で良いかと言うとサイドアームで持ち運ぶのにスライドが少し大きいので、クロスオーバーしたG45、グロック19Xはかなり使いやすいと思います。

本物と同様にオプションのグリップのバックパネルがあれば取り付けられそうですが、何故か販売されていません(私が知らないだけかも)。折角なので販売して欲しいと思います。

次にマガジン挿入口。

ミリタリーモデルであるグロック19Xとは異なりランヤードリングはついていないようです。

次にスライドを細かくみていきます。

スライド

トップビューです。

かなり刻印がしっかり入っていてチャンバー、サイトにそれぞれモールドされています。

次にマズル側です。

マズルにはしっかりとライフリングが再現されています。

更にUMAREX/VFCのガスブロの良い機構の一つで、リコイルスプリングガイドに六角レンチを入れて回すとホップ調整ができます。

六角レンチがなくともスライドストップさせてリコイルスプリングガイドを手で回しても調整できます(できないことはないレベル)。

スライドを外さないとホップ調整ができないモデルが多い中で、このような機構は大歓迎ですね。

最後にサイトピクチャーです。

写真がブレてしまって申し訳ありません。

サイトはグロック社によくあるコの字型ではなく、3ドットサイトなので個人的には嬉しいです。

次にスライドストップ状態を見ていきます。

スライドストップ

スライドストップ状態です。

逆側

このメーカーの特徴なんですが、作動方式であるショートリコイルによるバレルの傾きがほとんど無いです。なのでモデルガン的要素を大きく求める方は満足できないかも知れません。

ただしバレルはあまり動かない方がエアソフトとしての性能は良くなるので個人的には歓迎です。

ちなみにちょっとした工夫と加工でバレルを動かすことが可能です。

最後にG19XとG45をざっくりと比較してみます。

G45とG19Xの外観比較

比較写真です。

逆側

基本的に同じ仕様になりますがG45での変更点はスライド前方のセレーション(溝)、ランヤードリングの有無、マガジン挿入口の形状、色が異なります。

少し残念なのがマガジン挿入口の形状が異なるのでマガジンの共用はできません。

もし良かったらUMAREX/VFC G19Xのレビューも覗いてみてください。

UMAREX/VFC GLOCK19X JP version レビュー (グロック 19X)

最後にマガジンなしでの重量測定です。

次にマガジンを見ていきます。

マガジン

まずはマガジンの正面です。

マガジンはグロック17サイズなので装弾数は21発でガス室も大きいので安定した作動が期待できます。

更にマグキャッチのアンビ対応でマガジンの左右に切り欠きが付いています。

背面

本物は弾の有無がわかるように穴が開いていますがガスブロなのでモールドで再現されています。またしっかりと刻印が入っています。

リップ、ガス放出口

リップは樹脂製で弾を痛めないように工夫されています。

ガス放出口は本体との密着性を高めるために流行りの湾曲形状です。

次に底面

底面はグロックマークの蓋でガス注入口が見えないようになっています。

ガスを入れる時は次の写真のようにロックを解除して蓋をスライドさせます。

ガス注入口です。

このガスバルブはオーナーさんがHFC-134a用に変更されています。

やはり純正のバルブだとガスを入れにくいので、可能であれば変えたほうが良いと思います。

最後に空のマガジン重量です。

平均的な重さです。

次に実射性能の確認です。

実射性能確認

いつも通りの方法で実射性能を確認します。

まず、いつものようと同じようにHFC-134aガスを満タンにしてマガジン表面温度を28℃にします。

室温はおよそ20℃くらいです。

弾はG&G バイオ弾で0.2gのホップ最弱です。

バレルが短い割にはいい感じの初速です。

次にホップMAX

ホップ量MAXでもさほどの変化はありませんでした。

まあ、ガスブロの場合は自然と流速っぽくなるのでホップをかけても初速の変化は少なく、むしろ上がる場合もあります。

次に燃費です。

燃費

まず、マガジンにガスが満タンの時の重量です。

1マガジン21発を打った後のマガジン重量です。

21発で5gほど消費したので燃費は1発あたり0.23gなので普通な感じです。

トータルでガスが20gくらいはいるので単純計算だと4マガジン分ほど行けることになりますが、ガス圧低下などを考えると3マガジン分が実力だと思います。

最後に作動の動画です。

UMAREX/VFC G45  ノーマル 作動

そこそこ快調に作動しています。

まとめと今後の予定

レビューのまとめとしては海外製品にも関わらず国産品と同等の性能があり素晴らしい製品でした。

初速も0.2gで72m/sくらいで燃費も0.2g台なので、国産メーカーとあまり変わりません。

外観に関しては正式ライセンスを取得していること、外観に定評があるUMAREX/VFC製なので素晴らしい出来です。

これで値段も特別高くもなく15000円前後と国産メーカーと同等以下です。

難点としてはホップのセッティングが国内にあっていないこと、市場在庫の不安定さで海外製である以上は仕方がないことだと思います。

非常にお勧めできる一品です。

次回は分解とカスタム内容の確認を行っていきます。

UMAREX/VFC G45(グロック45) GEN.5 分解編   カスタム依頼品

お付き合いありがとうございました。

・UMAREX/VFC  G45
グロック社の最新モデル(GENERATION5)の一つです。

・UMAREX/VFC G45 スペアマガジン
海外製なので在庫がある内にどうぞ

国内ガス用注入バルブ
お勧めです(必ずO-リングは純正品を使ってください)。

個人的なお勧めですが、私はエアソフト本体やパーツ関連の多くをアマゾンのプレアイム会員で購入しています。

意外と本体、パーツ共にラインナップが充実していて、最安値では無いものの、そこそこの低価格で安定的に購入できるので重宝しています(小物だと買いに行くのがめんどくさい)。

そこでおすすめなのがアマゾン プライム会員です。

多くの商品が配送料無料、お急ぎ便無料になり、速ければ次の日に到着します。さらに会員になると映画、アニメ、音楽、書籍なども多くの作品がフリーで見れます。

月間プランだと月500円からで年間プランだと年で4900円でかなりのお得です。

しかも会員は対象商品購入(エアソフト関連も大抵、対象になっている)でポイントが還元され、私の場合は年会費4900円以上獲得できてます。

まずは無料体験からお勧めします。

アマゾン プライム無料体験はこちら!!

  • この記事を書いた人

kazubara

輸送機器メーカーでの元エンジン設計者。15年の職務経験から機械設計知識を伝道します。また職歴を活かしてエアソフトガンをエンジニアリング視点で考えてみる。

-UMAREX/VFC G45(グロック45)

© 2021 Kazubara Blog カズバラ ブログ Powered by AFFINGER5