https://kazubara.net

G&P XM177E1 AEG

G&P XM177E1 AEG ハイサイクルカスタム 後編 完成 (コルトコマンダー、Ver2 メカボックス)

今回も前回に引き続きG&P XM177E1 AEGのカスタムを進めていきます。

G&P XM177E1 AEG ハイサイクルカスタム 前編 (コルトコマンドー、ver2 メカボックス)

前回のおさらいですがメカボックスの電装系をFET化したら増えた信号線と太くした電源線が邪魔でマガジンが刺さらない、アッパーレシバーに配線が通らない事件が起きましたので対応していきます。

メカボックスのカスタム

まずFET化を諦めて通常の前方配線で行くことに決めました。スイッチ焼け対策はSBDに頑張ってもらうことにしました。

SBDはモーター端子にくっ付けるだけです。

もしSBDに興味がある方はこちらを参考にしてください。

電動ガンのSBD(ショットキーバリアダイオード)を考える。(半導体、ダイオード、整流子)

次に動作テストで気になった初速の乱れを対応していきます。

予想としてはエアソフト97さんのM100スプリングをセクターギヤ3枚カットで使用しているので0.2gで初速は92〜94m/sが狙い値で低くても90m/sに対し84m/sでブレ幅が±3m/sほどあったので原因を考えます。

原因はバレルに対しての空気供給量過多と見て加速シリンダを見ていきます。使用しているのは純正品でこれをライラックスさんの加速シリンダ タイプD(バレル長251mm〜300mm)と見比べてみます。

これだとよくわからないので中を覗いてみると

純正シリンダの空気圧縮有効部のがライラックスさんよりかなり長いので原因をエア供給過多と見て部品を交換していきます。

これで配線は通常の前方配線タイプをイーグル模型さんの1.25sq シリコン銀コードで作り直してライラックスさんのシリンダ タイプDを投入します。

後はメカボックスを閉じてお終いです。

次にレシーバーにメカボックスを組み込んでいきます。やり方は以前に紹介した分解記事の逆の手順で組めます。

ここで工夫した点ですが前方配線機種ではバッテリーのコネクターがレシーバーの隙間を通れないので配線がギボシなどで取り外しできるような仕組みになっています。

私はギボシのような接点が増えると気が付かない間にギボシが抜けて作動不能状態になるなどのトラブルを避けるために配線をワザと長くしてバッテリーコネクターが付いたままでもメカボックスの取り外しができるようにしました。

メカボを取り外すときは配線を丁寧に引っ張ってメカボ側の部品が自由に動けるようにしています。

コネクターをバレル根元まで引っ張れば配線が長いので他の部品が自由に動けてほとんどの作業ができます。

ちなみにいつものT型コネクターです。

後はヒューズを設置して終わりです。

ホップチャンバーのカスタム

ホップチャンバーは見た感じデキが良さそうなのでそのまま使います。

ただしホップパッキン、押し込む、バレルは変更します。

まずチャンバーの分解ですが写真で解説します。

後は丁寧にバレルを抜けば分解できます。

ちなみにホップパッキンを押すレバーは分解の必要がなく持ち上げれば押し込むが交換できます。

ここで投入する部品は宮川ゴムさんの長掛けホップ ミドル 硬度60 ニトリルゴム(押しゴム付き)にライラックスさんのBCブライト 275mm 内径6.05mmのインナーバレルを投入します。

いつも通りインナーバレルのホップ窓を加工します。

ホップ窓の加工の詳細はこちらを参照してください。

オリジナルG-HOPをつくってみた1 製作編

後は宮川さんのパッキンをバレルに東京マルイ 高粘土グリスを付けて丁寧に組んでいきます。

完成したチャンバーでホップの突起量を確認すると明らかに少ないのでちょっとだけ押し込み量を増加させる加工をします。

使用している宮川さんの押しゴムに厚さ0.2mmのプラ板を2枚ほど接着します。

これを組み込んだホップの突起量は次のようになります。

大体ですがいい感じです。もしかしたらホップの目盛り0でも0.2gだとホップが掛かり過ぎるかもしれませんが0.25gを使えば良いだけなのでOKです。

またホップも真っ直ぐ降りてきているのいいと思います。

ただG&Pさんのチャンバーはドラム式に関わらずホップの調整幅はあまり大きくないような気がします。

これを組み込んで完成となります。

次にやっと実射性能を確認していきます。

実射性能確認

完成したのでいつも通り実射性能を確認していきます。

条件はバッテリーがET-1 レッドライン リポバッテリーで7.4V 1200mAhで充電が補完モードで7.6Vを使用。

弾はG&Gのバイオ弾0.2gでホップを少しだけ掛けています。

初速です。

予想より低い感じがしますがいい感じです。

初速のブレ幅もおよそ±0.5m/s以内に収まっていたので命中率に期待できそうです。

次にサイクルです。

バッテリーが保管電圧で毎秒23.8発なので満充電だとおそらく毎秒25~26発になると思われるので狙い通りです。

次に実際の作動の動画です。動画なので音に注意してください。

G&P  XM177E1 セミ ハイサイクルカスタム

G&P  XM177E1 フルオート ハイサイクルカスタム

いい感じになりました。

音も箱出しに比べかなり静かになりメカノイズはほとんど消えて逆転防止ラッチのカチカチ音くらいしか聞こえません。

弾道に関してはレンジに行かないとわからないので、後に確認します。

鉄板の宮川さんのパッキンにそこそこの初速が出ているので期待できそうです。

これでひとまず完成です。

完成状態

完成状態とはいえ内部カスタムがメインなので外観は変わっていませんが自己満足のため写真を載せます。

やはりXM177E1 にはショートマガジンが似合います。

マガジンは東京マルイさんの190連ショートマガジンでしっかりと給弾してくれます。

アイアンサイトでも十分にいけるのですが戦闘力アップのためドットサイトを付けてみました。

できればレール無しで取付けられるマウントがあれば定番のAIMPOINT M2 タイプでブラックホークダウンのデルタみたいになるのですが、持ってなかったのでこれで我慢します。

かなりかっこよくてお勧めなのですが残念ながら市場流通量がかなり少なくほとんど在庫がありません。

なので個人的にG&Pさんの在庫がある中でお勧めをします。

・プラトーンのバーンズが使ってたM653

・ベトナム戦争時の米軍SMG

・M16A3 海兵隊モデル イラク戦争時の主力です。

・定番のM4A1 海兵隊モデル

最終仕様とまとめ

ではいつも通り最終仕様とまとめです。

まず最終的に投入した部品は次の部品になります。

・SHSさんのショートストロークスイッチ ver2用(思ったよりショートにならなかった)

・イーグル模型 シリコン銀コーティング 1.25sq配線(コスパが良いです)

・SuperShooter ハイスピードギヤ ベアリング仕様 13:1(私の定番です)

・LAYLAX ハイサイクル用ピストンヘッド SH(始めて使いましたがよくわかりません)

・SHS メタルティースピストン 14歯(これも定番です)

・CNC PLODUCTION シリンダヘッド(始めて使いましたがよくわかりません)

・LAYLAX 加速シリンダ タイプD バレル長251mm~300mm(定番です)

・SHS タペットプレート ver2用(加工の素材の定番です)

・AIRSOFT97 不等ピッチスプリング M100(エアソフトさんのスプリングで初速の感覚を覚えたので使ってます)

・宮川ゴム 長掛けミドル 硬度60 ニトリルゴム(信頼と実績のパッキンです)

・LAYLAX BCブライトバレル 275mm(コスパが良いです)

・LONEX A4 ハイスピードモーター ロング(定番です。でもピニオン交換必須)

・OPTION NO1 削り出し調鋼スチールピニオンギヤ(コスパが良いです)

・ティーンズコネクター(安くて良いです)

・SBDは自作の蓄えです。(最近、あまり使っていない)

これで全部になります。

振り返ってみるとメカボ内は純正部品のが少なくなった気がしますが、気にしないことにします。

まとめますと正直に述べるとかなりカスタムが大変な機種でした。

メカボックス自体は普通のVER2なのですぐに終わるのですが外装部品がかなり独自にできていて組みづらかったです。

例えばメカボックスのロアレシーバーの固定に通常にないストックパイプを留めるボルトを使っていたりダミーのボルトの仕組みが独自で大変でした。

また個人的にあまり経験がない前方配線だったこともあり苦戦しました。

特にアッパレーシーバーとアウターバレルの付け根に狭い穴があり、そこに配線を通さなければならないので組み付けがシビアです。

しかしながらダメなことばかりではなく外観の良さだったりメカボがかなり強固にロアレシーバーに固定されるので初速が安定していたりチャンバーのデキが意外と良いことなど利点もたくさんあります。

個人的な感想ですが素性はいいがかなり覚悟してカスタムに取り組まないと終わらないというイメージがG&P製品に持ちました。

もしかしたら外観に拘らなければCYMAさんのがカスタムしやすいかもしれません(今度、買ってみます)。

いずれにせよICS M4から始まった妻のエアソフトが出来上がって安心しました。

正直、かなり疲れました。しばらくは前方配線や特殊なメカボは触りたくない気分です。

以上、長々とここまでお付き合いいただきありがとうございました。

宣伝で申し訳ありませんが、私はエアソフト本体やパーツ関連の多くをアマゾンで購入しています。

意外と本体、パーツ共にラインナップが充実していてそこそこの値段で購入できるので重宝しています(小物だと買いに行くのがめんどくさい)。

そこでおすすめなのがアマゾン プライム会員です。

多くの商品が配送料無料、お急ぎ便無料になります。さらに会員になると映画、アニメ、音楽、書籍なども多くの作品がフリーで見れます。

月間プランだと月500円からで年間プランだと年で4900円でかなりのお得です。

しかも会員は対象商品購入(エアソフト関連も大抵、対象になっている)でポイントが還元され、私の場合は年会費4900円以上獲得できてます。

まずは無料体験からお勧めします。

アマゾン プライム無料体験はこちら!!

 

  • この記事を書いた人

kazubara

輸送機器メーカーでの元エンジン設計者。15年の職務経験から機械設計知識を伝道します。また職歴を活かしてエアソフトガンをエンジニアリング視点で考えてみる。

-G&P XM177E1 AEG

© 2021 Kazubara Blog カズバラ ブログ Powered by AFFINGER5