https://kazubara.net

VFC Mk18 mod.1 AEG

VFC Mk18 mod.1 TAN 内部カスタム その2 AEG (ハイサイクル、ver2 メカボ、ブラシレス)

前回に引き続きカスタムを進めていきます。

VFC Mk18 mod.1 TAN 内部カスタムその1 AEG (ハイサイクル、ブラシレスモータートルク型、ver2 メカボ)

メカボックスの組み立て 続き

メカボックスを閉じてAIRSOFT97さんの不等ピッチスプリング M100を組んでスプリングガイドで捩じ込みます。

スプリングには音鳴り防止のため高年度のシリコングリス(東京マルイさん高粘土グリス)を塗ってスプリングガイドにはベルハンマーNo.2を塗ります。

メカボックスをレシーバーに入れてモーターとグリップを取り付けます。

そうしたらストックパイプは組まずに、まずバッテリーを繋いで試運転をします。

試運転結果、上々です。

これでメカボックスの組み立ては、終了です。

ホップアップチャンバーの組み立て

ホップパッキンを変更したいのでチャンバーをバラします。

VFC純正のチャンバーのドラムはサークリップで止まっているので外すのがめんどくさいです。純正チャンバーの構造、造り自体は良さそうです。

細かい部品が多いので注意して進めます。

まずインナーバレルのホップ窓のヤスリ掛けと加工をします。

加工といってもホップ窓の前後をなだらかにしてホップの突起が降りて来やすいようにします。

インナーバレルのホップ窓の加工の詳細は、こちら→オリジナルG-HOPをつくってみた1 製作編

オリジナルG-HOPをつくってみた1 製作編

次に組み込むホップパッキンとホップクッションの確認です。

いつも通りインナーバレルのホップ取り付け部に東京マルイ 高粘土グリスを塗ってホップパッキンを取り付けてバレルをチャンバーに差し込みます。

メープルリーフのホップパッキンだとチャンバーに差し込む時にメチャクチャにキツいのでズレないよう注意しながら組み込みます。

またインナーバレルの位置決めのCクリップもメチャクチャ硬いです。

次にインナーバレル先端にアウターバレルとのブレ留めのマスキングテープを巻きます。

最後にホップの突起の降り具合を確認します。

いい感じですね。

後は、アッパーレシーバーに組んで終わりです。

VFCチャンバーを扱う場合はサークリップが使われているので次の工具が必要になるので気をつけて下さい。

・サークリッププライヤー
VFC チャンバー以外で使ったことがないです。

実射確認

ようやく完成して実射確認です。弾速計で初速を測定します。

20m/s,25m/s・・・え!(衝撃的すぎて写真を撮ってないです。)

はい、どっかからの気密漏れです。やり直しです。

原因を考えます。

気密に関わるところで確認できていないのはノズルの閉鎖タイミングが変わっているので、そこに注目しました。

初速低下の対応

サイクルが上がってノズルの閉鎖が間に合ってないと考えてタペットプレートの羽根を切ることにしました。

カンで下の1/3くらい切ることにします。

また切りっぱなしだとノズルの閉じる挙動が乱れるので角にRをつけます。

カット前

カット後

これでノズルの閉鎖タイミングがかなり早まりましたので気密性が高まるはずです。

組み立てて実射。

全然、変わりません。

後は考えにくいけどチャンバーとノズルの気密漏れを疑いました。

実はここまで来るのに5時間程かかっています。

今までメイプルリーフを使ってきてパッキンの気密漏れなんて経験がなかったので全く疑いませんでした。

ダメ元で最後に疑った感じです。

ここまでメカボの組み直しを数え切れないくらいやってます。

クリスベクターのときと同じようにまるでフォレストガンプのフォレスト並みのスピードで組めるくらい訓練されました。

長掛けパッキンは諦めきれないので手持ちのパッキンで口元が純正に似ている宮川ゴムさんの長掛けパッキンのスリム硬度60があったので試しに組んでみます。

メイプルリーフさんとパッキン口元の形状を比較すると弱冠ですが宮川さんのが径が広いです。外径もほんの少しですが宮川さんのが細いです。(VFC純正パッキン、東京マルイ純正パッキン共に宮川さんに近い)

メイプルリーフさんは気密対策に相当に気を使って口元の径を狭め、外径は大きめにできているのでしょう。

いつも通り組みます。

インナーバレルのホップ窓を少し綺麗にします。

ホップパッキンを取り付けます。

ホップチャンバーを組み立てます。

ホップの突起の下り方を確認します。

この宮川さんのパッキンはセンター出しが難しくてあまり好きじゃないのですが頑張りました。

組み込んで測定します。

しかし初速のばらつきが半端なかったです。

しょうがないので手持ちのパッキンをいくつか試したがVFC純正以外、全部だめでした。

でも長掛けが諦められません。

しかも純正パッキン以外ダメだめと面白くありません。

考えます。

どうやら私の個体だけかわかりませんがノズルととパッキンの口元の距離がギリギリになっていて少しでも寸法が変わるとエア漏れするようです。

さらにチャンバーの位置を決めるスプリングがあまり強くないのでメカボとチャンバーが十分に密着してない可能性があります。

よし、チャンバーを変えようと決めました。チャンバーもProwinさんなど様々あります。

悩んでちょっとマニアックなチャンバーを選びました。

これは、次回のお楽しみに!!カスタム続きます。

VFC Mk18 mod.1 TAN 内部カスタム 完成とレシピ AEG(ハイサイクル MAXX HOP チャンバー)

個人的なお勧めですが、私はエアソフト本体やパーツ関連の多くをアマゾンのプレアイム会員で購入しています。

意外と本体、パーツ共にラインナップが充実していて、最安値では無いものの、そこそこの低価格で安定的に購入できるので重宝しています(小物だと買いに行くのがめんどくさい)。

そこでおすすめなのがアマゾン プライム会員です。

多くの商品が配送料無料、お急ぎ便無料になり、速ければ次の日に到着します。さらに会員になると映画、アニメ、音楽、書籍なども多くの作品がフリーで見れます。

月間プランだと月500円からで年間プランだと年で4900円でかなりのお得です。

しかも会員は対象商品購入(エアソフト関連も大抵、対象になっている)でポイントが還元され、私の場合は年会費4900円以上獲得できてます。

まずは無料体験からお勧めします。

アマゾン プライム無料体験はこちら!!

  • この記事を書いた人

kazubara

輸送機器メーカーでの元エンジン設計者。15年の職務経験から機械設計知識を伝道します。また職歴を活かしてエアソフトガンをエンジニアリング視点で考えてみる。

-VFC Mk18 mod.1 AEG
-, , , ,

© 2021 Kazubara Blog カズバラ ブログ Powered by AFFINGER5