https://kazubara.net

ガンの模型

4D MODEL ドラゴンシリーズ 1/6スケール M14 EBR (MK14) レビュー

2021年の3月6日に暇だったので一人で爆裂祭に行ってきました。

いくつか面白いものがあって購入したうちの一つをレビューしてみます。

4D ドラゴンシリーズ 1/6スケール ライフルのプラモデルでいくつか種類のあるうちの我が家にもいるM14 EBRを買ってみました。

500円です。商品名は、MK14でした。

ちなみに筆者はプラモデルも大好きでミリタリーから車、ガンプラなどの雑食です。

たぶん購入店は、きき屋さんだと思います(間違えていたらごめんなさい)。サイトが見つけられなくて詳細がわかりません。

まずブログを書くにあたってどんな商品か詳細を調べようとしたのですが、これがわかりません。

まず名前のどれがメーカー名でなんのシリーズなのかさっぱり(4D MODELシリーズ?)。

唯一、わかったことがレプマートさんで取り扱っていることだけでした。セットは、アマゾンにもありました。

ここからレビューとなります。

外箱

外箱を見てみます。

正面から

なんかいまいちに見えます。何故か絵がCGです。一応、4D MODEL GUNと記載されています。

側面

中国製であることだけしか私には、理解できませんでした。

裏面

おそらくMK14の解説が書かれていると思われます。

しかし現在の国際社会でここまでほぼ中国語を使っているのは、珍しい気がします。

確か中国国内って法律でエアガンやモデルガンって規制されていると思うのですがこれはどうなんですかね。

逆に規制されているからスケールモデルは、中国国内で需要があるのでしょうか。

次に開封していきます。

開封、内容物、組み立て

では開封して中身を見てみましょう。

外箱の絵より中身のがかっこいいです。かなり珍しいパターンなんじゃないでしょうか。

内容物は本体にスコープ、フォアグリップ、サプレッサー、PEQ15もどき、バイポット、マガジン×2でした。

ちなみにこれだけで説明書の類は、一切ありませんでした。スパルタン仕様です。

気になったパーツを見ていきます。

まずレシーバーとバレルです。

まずバレルの角度がずれているのと合わせが合ってなくてヤバイです。ランナーのバリもバリバリ残っています。後でバラしてヤスリで擦って接着剤でくっ付けてしまいます。

サプレッサーのバリもすごい。

このように部品は漏れなく全てバリ付きでした。パーティングラインもなかなか凄いものです。

これならむしろ全部ランナーについた状態で売って欲しいのですが塗装の関係で無理なのでしょう。

まあせっかくなのでバリ取りとパーティング消しのため#3000のペーパーで磨くことにしました。

がバリ取りはできるもののパーティングラインが凄すぎて消すのを諦めました。塗装しても良いのですがめんどくさいのでそのまま組みます。

組み立ては、画像がなくて申し訳ないのですが各パーツの嵌合は、あまりよくありません。要調整です。

またバイポットとフォアグリップ選択制で同時には付きません。

ちなみにフォアグリップの選択はお勧めできません。ロアレシーバーの先端にしかつかないので現実的にそこにつけることはまずあり得ません。手が届きません。

完成

完成状態です。

なんとコッキングレバーは可動します。

次にG&G M14 EBR LONGと並べてみました。

ワンフレームに全く写らないので意味がありません。しかも本当に1/6なのかかなり怪しい。

最後に7.62mmNATOのダミーカートと並べてみました。

少し離れて見ればかっこいいと思います。

まとめ

良くも悪くも一昔前の中国品質です。でもこれで500円なら損をした気持ちにはなりません。

まあ、お世辞にも良い買い物だとも思えませんが。

まあデスクのお供には、良いと思います。職場の机や自宅の作業机のインテリアに良いと思います。

競合商品としてはトミーテック リトルアーモリーシリーズがありますが筆者は持ってないので今度、買ってみます。まあスケールが異なるのでガチンコにはなりませんが。当然、価格も半分以下です。

まあこのモデルの良いところは、サイズが1/6なので少し大きい代わりにフィギアのお供には向きませんが、存在感はあります。

品質は置いときましょう。

もしこの商品が気になる方は、こちらをどうぞ。

単品は、アマゾンでは取り扱っていないので楽天かヤフーでお調べください。

セットは、アマゾンで取り扱いがあり在庫もあるようです。筆者が興味があるものを紹介します。なんか追加で買うつもりです。

筆者が好きなマークスマンライフルセット

ザ・定番セット

スナイパーライフルとMG42。

これはかなりツボにくるWW2ものです。これは良さそうだ。

宣伝で申し訳ありませんが、私はエアソフト本体やパーツ関連の多くをアマゾンで購入しています。

意外と本体、パーツ共にラインナップが充実していてそこそこの値段で購入できるので重宝しています(小物だと買いに行くのがめんどくさい)。

そこでおすすめなのがアマゾン プライム会員です。

多くの商品が配送料無料、お急ぎ便無料になります。さらに会員になると映画、アニメ、音楽、書籍なども多くの作品がフリーで見れます。

月間プランだと月500円からで年間プランだと年で4900円でかなりのお得です。

しかも会員は対象商品購入(エアソフト関連も大抵、対象になっている)でポイントが還元され、私の場合は年会費4900円以上獲得できてます。

まずは無料体験からお勧めします。

アマゾン プライム無料体験はこちら!!

  • この記事を書いた人

kazubara

輸送機器メーカーでの元エンジン設計者。15年の職務経験から機械設計知識を伝道します。また職歴を活かしてエアソフトガンをエンジニアリング視点で考えてみる。

-ガンの模型
-,

© 2021 Kazubara Blog カズバラ ブログ Powered by AFFINGER5