https://kazubara.net

福袋シリーズ

2023年 新春 赤羽フロンティア 福袋(3万円) 開封

皆さま、2023年あけましておめでとうございます(だいぶ遅くなりました)。

自分的な毎年恒例イベントの正月にエアガンショップ巡り(秋葉原周辺)を行ってきました。

巡回ルートは基本的に秋葉原がメインなのですが今回は久しぶりに東京の赤羽にある老舗ショップ、フロンティアさんに行ってきました(かなり前から利用させて頂いている)。

店舗内に限定販売の福袋3万円コース(コースは3万円のみ販売)があったので購入してみました(後に1月5日に在庫が追加されたようです)。

折角の福袋なので赤羽フロンティアさんの福袋の開封をして行きたいと思います。

赤羽フロンティア福袋外観

まずは福袋の外観です。

見た目はいかにも福袋といったトラデッショナルスタイルで逆に洒落てなく満足感があります。

幅50cm、高さ70cmくらいのそこそこ大きめなサイズでした。

このサイズなので当然ながら長物は入っていないことがわかります。しかしながら重さが半端じゃないので中身に期待できそうです。

ちなみに重すぎて帰宅している時に手が痛かったり自重で袋が崩壊していって大変でした(電車、徒歩移動)。

では中身を見ていきましょう。

福袋開封

折角なので小物から順に見ていきます。

小物 その1

第一品目はAPSカップ ブルズアイの感圧紙のターゲットでした。

私はAPSのような競技ではなくサバゲーがメインなのであまり使いませんが競技をやっている方だとこのような商品は消耗品だと思うので有難いのではないでしょうか。

ちなみに赤羽 フロンティアさんは昔からAPS関連は力を入れているショップだったような気がします。

小物 その2

第二品目はフロンティアオリジナル ポリカーボーネイトプレートでした。

最初は何に使うのかさっぱりわかりませんでしたが調べてみるとAPSカップの的の感圧紙(一品目)を貼って使うようです。

どうやら的の感圧紙に感圧させるのはポリカぐらいの硬さのものを下敷きにするとよく写るようです。

小物 その3

第3品目はフロンティアオリジナル APS 銃口カバーでした。

どうやらシューターのマック堺さんとのコラボ商品のようです。

最近ではサバゲーでも安全のためのマナーとして休憩中にマズルカバーを被せることが多くなってきたので有用だと思います。

小物 その4

第4品目はフロンティ オリジナルラバーパッチでした。

このパッチもシューターのマック堺さんとのコラボ商品のようです。

私はベルクロパッチをあまりつけないのですがBDUやボディアーマー、チェストリグのベルクロに空きスペースがあれば付けてみても良いかもしれません。

小物 その5

第5品目は汎用のナイロンホルスターでした。

見た感じで1911(コルトガバメント)、グロック17くらいまではなんとか入りそうな大きさでした。

小物 その6

第6品目は東京マルイ ガンパワー HFC-134a 400g缶が2本でした。

年々、高くなっていくガスはかなりありがたいです。ただし持ち帰りに重さで苦労したのはこのガス缶400gX2個の800gがかなり効いているような感じがします。

小物 その7

第7品目はSⅡS 0.2g バイオ BB弾 2800発ボトルでした。

弾も消耗品なので地味にありがたいです。

個人的に気になるのは弾の径が5.94±0.01mmなことです。私がよく使う東京マルイさん、G&Gさんの径は5.95±0.01mmなので称呼値が0.01mmほど違います。

大きな影響は無いと思いますがホップの調整は若干、変化するような気がします。

小物 その8

第8品目はAUTO art MAZDA MX5 TURND BY MAZDASPEEDでした。要するにマツダのロードスターの模型です。

ぱっと見ですが屋根がメタルトップではないので現行型ではなく1個前のMX-5のようです。

友人がロードスターの1.8Lモデル、2.0Lモデルを乗っていたので借りて運転したことがあるので懐かしいです。どちらもジムカーナ場で遊んでたので挙動を覚えていて基本に忠実なFRらしい素直なハンドリングで割と面白かったです。

具体的な挙動の印象は基本的にリニアですがアンダーステアが少し強め、リヤタイヤの滑り始めがややピーキーだがドリフト中のコントロール性は高い感じです。

ただしパワーがさほどないので強引に車を振り回したい場合はパワーで振り回すのは難しいので車速を高めて慣性を使う必要があります。

なのでよく評論家が入門者用スポーツカーでロードスターを勧めてきますが強めのアンダー、ややピーキーな滑り始めがはたして入門用か?と疑問に思います。

また個人的なロードスターの思い出として1.8Lモデルは古い型でトランクにバッテリーが置いてあるタイプでジムカーナ場で車を振り回したらバッテリー液が溢れてトランクが酸の液体でビシャビシャになってエライ目に会ったりその後に雨の日のサーキット(場所は秘密にしておきます)で中速コーナーでスピンして壁と仲良しになったりさまざまな出来事がありました。

別の友人のロードスターは納車後1週間で車を山の崖から落としたりして凹んでました(伝説の一発廃車事件)。

ちなみにどの事故も私ではないです。ただしどの事故も一緒に遊んでいる時でしたが。

それはさておき話題を福袋に戻すとフロンティアさんはエアガンショップではなく総合ホビーショップだったこと思い出す一品でした。

ここまでが小物の紹介になります。既に8点も入っていたので中々のボリュームです。

次は何点何冊子が入っていたので順に紹介していきます。

冊子 その1

冊子1冊目は光学機器を取り扱っているノーベルアームズさんのカタログでした(いつのカタログなのかわかりませんでした)。

折角なので適当なページを開いてみました。

中々のラインナップです。

カタログを捲ってて初めて知りましたがレプリカではなく本物のAIMPOINT、EOTECH、ELCANを取り扱っているようです。

一昔前は中古か個人輸入(リスク大)くらいしか所謂、本物の光学機器は手に入らなかったのでありがたい事だと思います(いずれにせよ私には高額すぎて購入できないことに変わりない)。

冊子 その2

冊子2冊目は東京マルイ 2022年 オールラインナップカタログと懸賞冊子でした。

マルイさんのカタログは現行の販売製品の全てが載っているのでありがたいです(webで見られますが)。

マルイさんは基本的にカタログ落ちが少ないのですが歴史が長いので自分では販売されていると思い込んでいる商品がカタログ落していることがあるので確認用にありがたいです。

懸賞冊子は応募期限が2023年3月31日まで有効なキャンペーンですが対象が10禁商品なので個人的にはあまり関係がないと思ったのですが最近だとS.A.Aが10禁モデルで販売されているので一応、取って置く事にします。

冊子  その3

冊子3冊目は雑誌ミリスマ 2015年7月号でした。

全く知らない雑誌なのですが調べてみるとモノマガジンなどで有名なミリタリーフォトプレス社のコンバットマガジンの弟分に位置付けられる雑誌のようです。

折角なので目次を見て行きます(著作権OKの範囲のはず)。

どうやら各国の軍属の女性の特集のようです。

調査しましたがこの雑誌は現在、廃刊や休刊になっているかはわかりませんでした。

ちなみにワールドミリタリーフォトプレスさんは昔、ミリタリーワールドイラストレーテッドシリーズという素晴らしい本があってシリーズのラインナップとしてはF-14 トムキャット、Fー15 イーグル、Fー4 ファントム物語、原子力潜水艦など興味深い本を販売する出版社なのでなんとか頑張って欲しいです(2023年、現在はこのシリーズの一部は光文社で販売されているようです)。

このシリーズはイラストレーテッドと言うだけあって小難しい説明よりも写真がメインなので非常にとっつきやすくお勧めです。

これで冊子は終わりになります。

ここまでも既に商品点数が多いのですがやっとメインのエアガン関係を紹介して行きます。

大物 その1

まず一品目はサイトロンジャパン TR-X 1.25-4.0x24 IR CQB スコープでした。

折角なので箱を開けてみます。

倍率1.25~4倍のイルミネーション付きのスコープのようです。サイズはやや大きいです。

サイトロンのTR-Xシリーズは2グレードがあるらしく一番、良いものが入っていたようです。

このスコープの詳細レビューは近いうちに記事にしたいと思います。

大物 その2

2品目は東京マルイ コンパクトキャリーガン CURVEでした。

折角なので箱を開けてみます。

かなりコンパクトなガスガンです。

このエアガンの詳細は近いうちにレビュー記事を書こうと思います。

ちなみにありがたいことにしっかりスペアマガジンも一本入ってました。

ただこのエアガンは護身用の最後の砦みたいな位置付けだと思うのでスペアマガジンはいるのか?と少し思いました。

大物 その3

3品目は東京マルイ ガスブローバック エアガン デトニクス.45でした。

折角なので箱を開けてみます。

内装がかなり凝っています。本体はコンパクトな1911(コルトガバメント)って感じです。

こちらも近日中にレビュー記事を書いて行きます。

ちなみにデトニクスの予備マガジンは入っていませんでした。

これで福袋の中身は全部になります。

次に集計して行きます。

集計

個人的にはわくわく感を味わうために福袋を買っているので集計して得した、損したかはあまりにも酷過ぎない限り気にしないのですが一応やってみます。

価格は定価ではなく販売店の売価で積み上げて見ます(一部の不明な商品は実勢価格)。

合計62,918円に対し30,000円で購入なので実質32,918円の得で全体的に半額のイメージです。

これはかなり思い切った内容だと思います。

まとめ

ここまで福袋の中身を全て紹介させていただきました。

老舗のエアガンショップだけにかなりお得な内容に感じました。またガスガンに的、弾、ガスをセットで入れてくれているので何か追加で購入することなくそのままでしばらく遊べる内容物なのが良いと思います。

個人的な赤羽フロンティアさんの思い出として10年くらい前の正月は特設会場でセール、くじ引き、福袋の販売をされていてあまりの人気でJR赤羽駅から販売会場まで2〜3時間くらい並んだのを覚えています。しかも福袋は数量限定(数量限定とは言え300個くらいあったかな?)だったので手に入れることはかなり難しく今回、購入できたのは感慨深いものがあります。

また正月以外にもミリタリーイベントのブラックホールに対抗してフロンティアのみでホワイトホールというイベント(毎年6月くらい)をやっていたのを思い出します。

2023年現在ではフロンティアさんは少し規模が小さくなってしまいましたがいずれ当時の勢いが戻ること期待して利用し続けたいと思います。

ここまで長々とお付き合いいただいてありがとうございました。

以前に2021年 エアソフト97さん 新春兼神戸店一周年 記念福袋も紹介してます。

2021年冬 Airsoft97さん 神戸店一周年 限定福袋10万コース 開封

個人的なお勧めですが、私はエアソフト本体やパーツ関連の多くをアマゾンのプレアイム会員で購入しています。

意外と本体、パーツ共にラインナップが充実していて、最安値では無いものの、そこそこの低価格で安定的に購入できるので重宝しています(小物だと買いに行くのがめんどくさい)。

そこでおすすめなのがアマゾン プライム会員です。

多くの商品が配送料無料、お急ぎ便無料になり、速ければ次の日に到着します。さらに会員になると映画、アニメ、音楽、書籍なども多くの作品がフリーで見れます。

月間プランだと月500円からで年間プランだと年で4900円でかなりのお得です。

しかも会員は対象商品購入(エアソフト関連も大抵、対象になっている)でポイントが還元され、私の場合は年会費4900円以上獲得できてます。

まずは無料体験からお勧めします。

アマゾン プライム無料体験はこちら!!

  • この記事を書いた人

kazubara

輸送機器メーカーでの元エンジン設計者。15年の職務経験から機械設計知識を伝道します。また職歴を活かしてエアソフトガンをエンジニアリング視点で考えてみる。

-福袋シリーズ

© 2023 Kazubara Blog カズバラ ブログ Powered by AFFINGER5